特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

沖縄を緊急事態宣言に追加 政府が決定 23日から

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する菅義偉首相=首相官邸で2021年5月7日午後7時25分(代表撮影)
記者会見する菅義偉首相=首相官邸で2021年5月7日午後7時25分(代表撮影)

 政府は21日、新型コロナウイルス感染症対策本部を首相官邸で開き、緊急事態宣言の対象に沖縄県を追加することを決定した。期間は5月23日から6月20日まで。宣言対象は沖縄を含め10都道府県に拡大する。また、愛媛県に適用していた「まん延防止等重点措置」を、31日の期限を待たずに22日で解除することも決めた。

 菅義偉首相は、対策本部会合で「沖縄県は若い世代を中心に新規感染者数が急増し病床逼迫(ひっぱく)が続いており、緊急事態宣言に追加することとした」と説明した。首相は会合後、31日までが発令期間となっている東京など9都道府県の緊急事態宣言の解除・延長に関し、記者団に「感染状況を見極めて、月末にも判断することになると思う」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文677文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集