那須どうぶつ王国「マヌルネコ」動画が話題 150万回以上再生

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
肉球がなんとも可愛いポリー(雌、6歳)=栃木県那須町の那須どうぶつ王国で2021年5月19日、同王国提供
肉球がなんとも可愛いポリー(雌、6歳)=栃木県那須町の那須どうぶつ王国で2021年5月19日、同王国提供

 那須どうぶつ王国(栃木県那須町)が製作した世界最古の猫とされる「マヌルネコ」を紹介する動画が、ウェブ上で計150万回以上再生されるなど、人気を集めている。同王国の鈴木和也総支配人は「この動画をきっかけに、絶滅の危機にあるマヌルネコを守る活動の輪を広げたい」と話している。【鴨田玲奈】

「意外とどう猛」中毒性ある音楽で紹介

 動画は「マヌルネコのうた」と題し、中毒性のあるコミカルな音楽に合わせて、かくかくした動きで歩く姿など、愛らしいマヌルネコの映像が流れる。「意外とどう猛」「短いあんよ」などの歌詞でマヌルネコの生態を紹介。撮影時はマヌルネコになるべくストレスをかけないよう、照明を使わないなど工夫を凝らしたという。

 企画提案はクリエーティブディレクターの富永省吾さん。きっかけは2019年、動画投稿サイト「ユーチューブ」で、同王国がマヌルネコの赤ちゃんの様子を映した「日々、コマヌル成長日誌。」を見て、マヌルネコのファンになったことだった。

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文1037文字)

あわせて読みたい

注目の特集