淡路島の老朽化大観音像 6月から解体

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
兵庫・淡路島の「世界平和大観音像」
兵庫・淡路島の「世界平和大観音像」

 財務省近畿財務局は21日、兵庫県の淡路島にある高さ約100メートルの「世界平和大観音像(通称)」の解体工事を6月から始めると発表した。所有者がおらず国の所有となっていたが、老朽化で壁の一部が落下するなど危険性が高まっていた。完了は2023年2月ごろとしている。

 大阪市の建設会社が落札した。契約金額は…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文327文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集