特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

沖縄・緊急事態宣言 飲食店への要請に限界も 連休後に感染急増

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
感染防止対策が施された居酒屋。営業時間を短縮する中、常連客が2組訪れていた=那覇市で2021年5月20日午後6時5分、竹内望撮影
感染防止対策が施された居酒屋。営業時間を短縮する中、常連客が2組訪れていた=那覇市で2021年5月20日午後6時5分、竹内望撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で沖縄県が21日、国の緊急事態宣言の対象に追加されることが決まった。大型連休後の感染者急増で患者用の病床はほぼ満床状態にあり、県は酒類を提供する飲食店への休業要請などで抑え込みを図る方針だ。ただ、この日も過去最多となる207人の新規感染者が確認され、医療関係者は「県全体での危機意識が必要だ」と強調する。

 「これ以上の感染拡大の抑止に向け、人と人との接触機会を徹底的に低減する。県民には重ねて我慢をお願いすることになるが、強く踏み込んだ対策を講じる」。21日夜に記者会見した沖縄県の玉城(たまき)デニー知事はそう述べて、感染抑え込みへの強い決意を示した。

 だが、飲食店への営業時間短縮要請が2カ月近くに及ぶ中、要請に従わない店も出始めている。那覇市中心部の国際通りでは21日夜、県が営業終了を求めている午後8時以降も店を開けたままの飲食店が複数あり、若者…

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1286文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集