特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

緊急事態宣言 沖縄県、酒提供の飲食店に休業要請 観光施設閉鎖

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急事態宣言の対象に沖縄県が追加されることを受け、県の対処方針を発表する玉城デニー知事=那覇市の県庁で2021年5月21日午後7時46分、竹内望撮影
緊急事態宣言の対象に沖縄県が追加されることを受け、県の対処方針を発表する玉城デニー知事=那覇市の県庁で2021年5月21日午後7時46分、竹内望撮影

 沖縄県は21日、国の緊急事態宣言の対象地域への追加が決まったことを受け、酒類やカラオケを提供する飲食店に休業を、酒類を提供しない飲食店には午後8時までの営業時間短縮を要請すると発表した。県外からの訪問は帰省を含めて自粛を求め、多くの観光客が訪れる県管理の沖縄美(ちゅ)ら海水族館や首里城公園を閉鎖する。県内では同日、過去最多となる207人の新規感染者が確認された。

 また県民にも不要不急の外出自粛を求める。記者会見で玉城(たまき)デニー知事は「これ以上の感染拡大の抑止に向け、人と人との接触機会を徹底的に低減する。県民には重ねて我慢をお願いすることになるが、強く踏み込んだ対策を講じる」と述べた。6月23日の「沖縄慰霊の日」に糸満市の平和祈念公園で営まれる沖縄全戦没者追悼式についても「昨年同様、規模を縮小せざるを得ないのではないか」と語った。

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文498文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集