「首長専用」本当に必要? 450万円かけ、こっそりトイレ整備 兵庫・猪名川町

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
兵庫県猪名川町の本庁舎2階の町長室に整備された個室トイレ=同町で2021年5月7日午後3時8分、宮本翔平撮影
兵庫県猪名川町の本庁舎2階の町長室に整備された個室トイレ=同町で2021年5月7日午後3時8分、宮本翔平撮影

町「危機管理のため」/識者「不要の一言」

 ガラス張りのシャワールーム、サウナ……。地方自治体の首長が庁舎執務室を私物化しているとして、各地で批判されている。関西にある人口3万人ほどの小さな町でも、町長専用のトイレがこっそりとつくられていた。予算や決算の資料では分からない形での工事だった。疑問を感じた記者は、町長や関係者に尋ねた。「そのトイレ、本当に必要なんですか?」

 西日本の一大ターミナル・JR大阪駅から直線距離で北西に約25キロ。森林や田園風景が広がり、関西のベッドタウンとして知られる兵庫県猪名川(いながわ)町がある。大阪市と神戸市の間にある「阪神地域」では唯一の町だ。この町の本庁舎2階の町長室に、福田長治(ちょうじ)町長(74)専用のトイレがある。その存在が公になったのは2年前のことだ。

この記事は有料記事です。

残り2111文字(全文2461文字)

あわせて読みたい

注目の特集