サッカー J1 18位低迷ガ大阪 「ツネ様」後任選びは難航 「日本人監督が前提」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ガ大阪の宮本恒靖前監督=平川義之撮影
ガ大阪の宮本恒靖前監督=平川義之撮影

 低迷するガンバを誰に託すのか――。生え抜きの宮本恒靖監督(44)を成績不振を理由に解任したサッカー・J1ガ大阪は後任選びを進めているが、クラブ幹部が掲げる新監督の理想像は非常にハードルが高い。クラブの「レジェンド」に代わり、J2降格圏に沈む名門を浮上に導ける指揮官は見つかるのか。

 とにかくゴールと勝利が遠い。今季は11試合を終えて1勝4分け6敗の18位。得点はわずか3で、リーグ最多43ゴールの首位川崎とは対照的なチーム状態だ。昨季は安定した守備を軸に2位となり、オフには補強したはずだっただけに、14日の監督交代記者会見で小野忠史社長は「今はチャレンジングなところが見られない」と顔を曇らせた。

 小野社長は12日に広島に敗れて解任を決断したと明かし、「(次期監督候補の)調査を並行してやっていたわけではない。急きょ後任を探すことになった」と説明。「一番チームをよく分かっている」として松波正信強化アカデミー部長(46)に暫定的に指揮を任せたが、あくまで「つなぎ役」で、状況が好転しても新監督を迎える計画だ。小野社長は「新しい監督を迎えて(6月下旬からの)ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)に…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1263文字)

あわせて読みたい

ニュース特集