案里氏に連座制適用 5年間、立候補禁止 広島高裁判決

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2019年参院選広島選挙区の公職選挙法違反(運動員買収)事件を巡り、広島高検が河井案里・元参院議員(47)に「連座制」を適用して同選挙区から5年間の立候補禁止を求めた訴訟の判決で、広島高裁(横溝邦彦裁判長)は21日、請求通り、案里氏に立候補禁止を命じた。

 判決によると、案里氏の元公設第2秘書(55)は参院選投開票日前後の19年7月、車上運動員14人に日当の上限を超え…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

ニュース特集