渋沢栄一の肖像画を寄贈 相撲錦絵師が浮世絵技法で 埼玉・深谷

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小島進市長(左)に渋沢栄一の肖像画を手渡す木下大門さん=埼玉県深谷市役所で2021年5月21日午前10時3分、中山信撮影
小島進市長(左)に渋沢栄一の肖像画を手渡す木下大門さん=埼玉県深谷市役所で2021年5月21日午前10時3分、中山信撮影

 相撲錦絵師として活躍している木下大門さん(74)=横浜市=が、埼玉県深谷市生まれの実業家・渋沢栄一を浮世絵の技法で描いた肖像画を深谷市に寄贈した。市はNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の放映に合わせて開館中の「深谷大河ドラマ館」で展示するほか、市のPRにも活用していく方針だ。

 肖像画(縦36センチ、横25センチ)は…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文395文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集