“レア”イモリ見て 突然変異で全身真っ赤 和歌山の水族館

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全身が赤いアカハライモリ(右)と通常の個体=和歌山県すさみ町立エビとカニの水族館で2021年5月19日午前9時33分、竹内之浩撮影
全身が赤いアカハライモリ(右)と通常の個体=和歌山県すさみ町立エビとカニの水族館で2021年5月19日午前9時33分、竹内之浩撮影

 和歌山県すさみ町江住の町立エビとカニの水族館で、全身が赤いアカハライモリ(ニホンイモリ)が展示されている。同館によると、通常は腹部だけが赤く、その他は黒褐色だが、今回の個体は突然変異によるもので非常に珍しいという。

 アカハライモリは本州、四国、九州の池や水田、湿地帯などに生息する日本固有種。フグ毒…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文296文字)

あわせて読みたい

ニュース特集