松山樹子さん死去 98歳 松山バレエ団創始者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「祇園祭」(1963年)に主演した松山樹子さん=松山バレエ団提供
「祇園祭」(1963年)に主演した松山樹子さん=松山バレエ団提供

 日本バレエ界の草分けとして松山バレエ団を創立し、東洋の伝説などに基づく数々の新作を演出・主演した松山樹子(まつやま・みきこ、本名・清水樹子=しみず・みきこ)さんが22日、急性心不全のため死去した。98歳。葬儀は6月30日、東京都港区南青山2の26の38の青山梅窓院(時間未定)。喪主は松山バレエ団総代表の長男清水哲太郎(しみず・てつたろう)さん。

 鹿児島県出身。東勇作らに師事し、終戦直後の1946年に「白鳥の湖」の日本初演に参加した。48年、夫の清水正夫さんと東京に松山バレエ団を創立。東洋の物語などを次々に舞台化し、日本のバレエのあり方を模索した。55年、中国の伝説に基づく「白毛女」で総白髪のヒロインを演じて旋風を巻き起こす。同作などで中国ツアーを成功させ、以降は日中友好に尽力した。長男哲太郎さんやその妻の森下洋子さん、吉田都さんを国際コ…

この記事は有料記事です。

残り61文字(全文435文字)

あわせて読みたい

注目の特集