「お札になる人、なった人」展 渋沢栄一/津田梅子/北里柴三郎 白山・かわち図書館 /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
展示では渋沢栄一らの伝記など約40点が並ぶ=白山市河内町の同市立かわち図書館で2021年5月22日午後0時38分、井手千夏撮影
展示では渋沢栄一らの伝記など約40点が並ぶ=白山市河内町の同市立かわち図書館で2021年5月22日午後0時38分、井手千夏撮影

 2024年度に図柄が一新される紙幣(日本銀行券)に採用された人物などを紹介する企画展「お札になる人、なった人」が白山市河内町の市立かわち図書館で開かれている。1万円札の「顔」になる実業家の渋沢栄一らの伝記や児童書など約40冊が並び、業績などを知ることができる。6月13日まで。

 新たな肖像画となるのは、第一国立銀行な…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文371文字)

あわせて読みたい

注目の特集