特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

聖火リレー2日目 感じる熱気、未来へ /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トーチキスをする信夫大輝さん(右)=八頭町で2021年5月22日(代表撮影)
トーチキスをする信夫大輝さん(右)=八頭町で2021年5月22日(代表撮影)

 東京オリンピックの聖火リレーは県内2日目の22日、9市町を巡り、80人を超えるランナーたちがトーチの先で揺れる炎にそれぞれの思いを乗せて約15キロをつないだ。沿道には午後4時現在で計約2790人が訪れ、マスク姿で拍手を送った。ヤマタスポーツパーク球技場(鳥取市布勢)では県内のリレーをしめくくるセレブレーションがあり、聖火は兵庫県に引き継がれた。【平川哲也】

 この日は道の駅ポート赤碕(琴浦町別所)に近い県道で出発式が催され、町立ことうらこども園の園児9人が旗を手に演技を披露。小松弘明町長が「57年前の東京五輪で地元に聖火が来た時の感動を覚えている。次の世代に新しい炎をつなごう」とあいさつし、1964年東京五輪のファンファーレが響く中、町内で薬局を営む第1走者の家森あいさん(46)がスタートした。

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1306文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集