中国海警局の公船、尖閣諸島近海の接続水域で連続100日航行

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
尖閣諸島・魚釣島。右奥は(左から)北小島、南小島=2012年9月、本社機「希望」から
尖閣諸島・魚釣島。右奥は(左から)北小島、南小島=2012年9月、本社機「希望」から

 沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で23日、中国海警局の公船4隻が航行しているのを、海上保安庁の巡視船が確認した。2月13日以降100日連続となり、過去最長の111日(2020年4~8月)に近づいている。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、23日午前9時時点で中国公船2隻が大正島から約37~34キロ付近で、別の2隻が魚釣島から32~29キロ付近で航行、漂泊…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集