神戸児童連続殺傷24年 元少年に遺族「手紙を書いてほしい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
事件後、「タンク山」と呼ばれる現場近くに建立された慰霊碑「なかよし地蔵」=神戸市須磨区で、2021年5月23日午後6時6分、韓光勲撮影
事件後、「タンク山」と呼ばれる現場近くに建立された慰霊碑「なかよし地蔵」=神戸市須磨区で、2021年5月23日午後6時6分、韓光勲撮影

 神戸市須磨区で1997年に起きた小学生連続殺傷事件で、小学6年だった土師(はせ)淳さん(当時11歳)が殺害されてから24日で24年になる。父守さん(65)が報道各社に手記を寄せ、「淳への想(おも)いは変わることはない」と心境をつづった。

 守さんによると、加害者の男性(38)から命日前に送られてきていた手紙は、2018年から途絶えている。手記では「なぜ淳が命を奪われなければいけなかったのか、私たちが納得するような真の解答を求め続けている」と訴えた。

 加害男性は15年6月、遺族の承諾を得ず、事件の経緯などをつづった手記を出版。守さんは16、17年は手紙の受け取りを拒否した。守さんは「手紙を書くという作業は、事件に向き合うための重要な手段。私たちが受け取るかどうかとは関係なく、手紙を書いてほしい」と記した。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文686文字)

あわせて読みたい

注目の特集