特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

富山の障害者施設で利用者ら60人感染 県内最大のクラスターに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
利用者、職員計60人の新型コロナウイルスの感染が判明した知的障害者支援施設「いみず苑」=富山県射水市七美で2021年5月23日午後0時17分、砂押健太撮影
利用者、職員計60人の新型コロナウイルスの感染が判明した知的障害者支援施設「いみず苑」=富山県射水市七美で2021年5月23日午後0時17分、砂押健太撮影

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生している富山県射水市の知的障害者支援施設「いみず苑」を運営する社会福祉法人「射水福祉会」は23日、利用者や職員でこの日までに感染した人が計60人になったと発表した。県などの指導を受け、感染拡大防止に努めてきたが、施設の特性上、徹底は難しかったといい、県内では最大のクラスターとなった。また、この日県内で感染が新たに判明した人は64人に上り、1日当たりの判明者数としては過去最多となった。

 同会によると、施設は193人の知的障害者が通ったり、入所したりしているほか、職員116人が勤務している。17~19日に利用者5人の感染が判明。20日に利用者や職員126人を検査し、21日までに職員11人、利用者9人の感染も判明した。同日、さらに利用者149人を検査し、22日に35人の陽性が新たに判明した。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文619文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集