米、ベラルーシ反体制派の解放要求 民間機の強制着陸「強く非難」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ブリンケン米国務長官は23日、ベラルーシが民間旅客機を緊急着陸させ、乗客の反体制派ジャーナリストを拘束したことを受け「強く非難する」との声明を発表した。声明は、拘束されたジャーナリストのロマン・プロタセビチ氏の「即時解放」を要求。「米国人を含む120人以上の乗客の命を危険にさらした」とも批判した。

 また、民間機を着陸させるにあたり、軍用…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文302文字)

あわせて読みたい

注目の特集