特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

スポーツの今

TDK野球部 東北に唯一の黒獅子旗 4日から日本選手権最終予選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2006年の第77回都市対抗野球で初優勝を決め、マウンドで抱き合って喜ぶ、にかほ市・TDKの選手たち。東北で唯一の黒獅子旗獲得チームだ=東京ドームで2006年9月5日、森園道子写す
2006年の第77回都市対抗野球で初優勝を決め、マウンドで抱き合って喜ぶ、にかほ市・TDKの選手たち。東北で唯一の黒獅子旗獲得チームだ=東京ドームで2006年9月5日、森園道子写す

 今年で92回を数え、94年の歴史がある社会人野球の都市対抗大会。その中で本州の日本海に面した都市のチームが黒獅子旗を手にしたのは、たった1回しかない。2006年のTDK(秋田県にかほ市)だ。20年には7年ぶりに本大会出場を果たし、健在ぶりをアピールした。指揮官は就任4季目の佐藤康典監督(51)。TDK野球部に携わって約30年。「オール秋田、オール東北で黒獅子旗を奪還する」と目標を掲げ、チーム作りに励む。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、20年の社会人野球は都市対抗が唯一の全国大会だった。TDKは秋田・角館高で甲子園に出場した4年目の小木田敦也投手と、福島東高、流通経済大出身の新人・鈴木大貴投手の両右腕が、2次東北予選で150キロ超の速球を連発し、第1代表での東京ドーム出場に貢献した。本大会は1回戦で、後に4強入りした日本新薬(京都市)に1―2で惜敗したが、秋田・能代松陽高出身の2年目左腕・佐…

この記事は有料記事です。

残り943文字(全文1347文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集