新型コロナ 繁昌亭はお客さんと時間を共有する場です 無観客ようしまへん 上方落語協会長、大阪府要請に異論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
過去の取材でインタビューに答える上方落語協会会長の笑福亭仁智さん=大阪市北区で2019年12月16日、梅田麻衣子撮影
過去の取材でインタビューに答える上方落語協会会長の笑福亭仁智さん=大阪市北区で2019年12月16日、梅田麻衣子撮影

 「無観客開催は到底考えられません」。今月8日、大阪本社学芸部に届いた1枚のファクスにしばし目を奪われた。緊急事態宣言の延長を受け、天満天神繁昌亭(大阪市北区)が休館の継続を知らせるリリース。読み進めると、上方落語協会の笑福亭仁智(じんち)会長(68)が「繁昌亭ブランドを維持する矜持(きょうじ)」と強い言葉で、大阪府による無観客開催の要請に異を唱えていた。その真意を尋ねようと、仁智さんに電話でのインタビューを申し込んだ。【聞き手・花澤茂人】

この記事は有料記事です。

残り1837文字(全文2059文字)

あわせて読みたい

注目の特集