連載

経済記者「一線リポート」

最前線で取材を続ける毎日新聞経済部記者が交代で執筆します。

連載一覧

経済記者「一線リポート」

女性の健康、テクノロジーで解決 広がる「フェムテック」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国内で初めて開かれたフェムテック展示会=東京都渋谷区で2019年9月、竹内麻子撮影
国内で初めて開かれたフェムテック展示会=東京都渋谷区で2019年9月、竹内麻子撮影

 「女性の社会進出」が叫ばれて久しい日本。しかし世界ジェンダー平等ランキングでは毎年下位に沈み、うまくいっているとは言いがたい。実際、記者(28)は女性特有の体の変化に対応しきれず、仕事との両立に悩むことがしばしばだ。男女格差の是正を急ぐ欧米では、こうした女性の健康に関わる問題をテクノロジーで解決する「フェムテック(Femtech)」が急成長を遂げているという。どういうことか取材した。

 記者は月経中に必ず腹痛と眠気に襲われ、仕事の効率が落ちることが悩みだった。月経に限らず、こうした心身の変化による似たような悩みを抱えている女性は少なくないのではないだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1999文字(全文2281文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集