特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

選挙公約「10万円給付」の丸亀市長…5万円に減額発表 香川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見で丸亀市の特別給付金について説明する松永恭二市長=香川県丸亀市大手町の丸亀市役所で2021年5月25日午前10時18分、川原聖史撮影
記者会見で丸亀市の特別給付金について説明する松永恭二市長=香川県丸亀市大手町の丸亀市役所で2021年5月25日午前10時18分、川原聖史撮影

 香川県丸亀市の松永恭二市長は25日、4月の市長選で公約に掲げた全市民への10万円給付について、財政事情や新型コロナウイルスの感染対策を考慮し、5万円に減額すると発表した。6月の定例市議会で財源となる補正予算案を可決し、8月から新型コロナの経済対策として給付を始めたい考え。ただ、「バラマキ」の批判は根強く、議会は紛糾しそうだ。

 「市の財政計画や将来に悪い影響を及ばさない財源調達を踏まえて考え抜いた結果、5万円の案とした。10万円を支給して困っている市民を助けることを(市長選の)公約にした。10万円を当てにしていた人に対し、申し訳ない気持ちはある」。松永氏は25日の定例記者会見で淡々と減額の理由を説明した。

この記事は有料記事です。

残り1114文字(全文1420文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集