ムツゴロウ、恋の季節 干潟で求愛のジャンプ 佐賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 有明海に面した佐賀県小城市の六角川河口で、恋の季節を迎えたムツゴロウがジャンプしてメスへのアピールを続けている。

 ハゼ科の魚で全長15センチほど。環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されており、豊かな生態系のシンボルでもある。この季節、オスは干潮時の干潟でジャンプを繰り返し、求愛が成功するとメス…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集