SNSでの誹謗中傷 抑止目指し団体設立 「この指とめよう」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一般社団法人「この指とめよう」に参加するメンバー=同法人提供
一般社団法人「この指とめよう」に参加するメンバー=同法人提供

 SNSで飛び交う誹謗(ひぼう)中傷の抑止を目指す一般社団法人「この指とめよう」が25日に発足した。代表理事を務めるのはコピーライターの小竹海広さん。ジャーナリストの津田大介さん、相模女子大特任教授の白河桃子さん、ブロガーで作家のはあちゅうさん、若年層を支援するNPO「D×P」理事長の今井紀明さんらがアドバイザーとして参加する。

 2020年10月28日にスタートした、クラウドファンディングによるメッセージ広告から派生したプロジェクト。2025年までに誹謗中傷のツイート件数を半減することを掲げるほか、啓発図書の児童図書認定にも取り組む。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文717文字)

あわせて読みたい

注目の特集