連載

田中優子の江戸から見ると

法政大総長・田中優子さんのコラム。江戸から見る「東京」を、ものや人、風景から語ります。

連載一覧

田中優子の江戸から見ると

憲法24条

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 前回は憲法24条2項に記載されている「配偶者の選択」に関わる、個人の尊厳と両性の平等について書いた。ついでに憲法改正を党是としている自民党の憲法改正草案でこの24条を確認したところ、驚くことに「配偶者の選択」という言葉が消えていた。

 まず現行憲法では、24条は2項から成る。しかし自民党の草案には3項ある。なぜなら第1項が加わっているからだ。それは「家族」である。「家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない」と。戦後日本で個人の尊厳、両性の平等を明言した輝かしい24条は、この第1項の追加によって、意味が変わってしまった。そして第3項つまり現行の第2項か…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文761文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集