特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 集団接種、地元交通が活躍 バス・タクシー委託で事業支援 会場へ高齢者送迎/診療所にワクチン配送

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
無料のマイクロバスで新型コロナウイルスワクチンの接種会場に到着した高齢者ら=神奈川県葉山町で10日、木下翔太郎撮影
無料のマイクロバスで新型コロナウイルスワクチンの接種会場に到着した高齢者ら=神奈川県葉山町で10日、木下翔太郎撮影

 新型コロナウイルスのワクチン接種を滞りなく進めようと、地元のバス・タクシー会社に高齢者の送迎やワクチンの配送を委託する動きが広がっている。コロナ禍における利用客減少にあえぐ交通事業者の支援にもつながる取り組みだ。

 今月10日から高齢者への集団接種を始めた神奈川県葉山町。会場の福祉文化会館前には大手バス会社の停留所があるものの、バスは1時間に2本程度。町内に鉄道網は整備されていない。

 「小回りが利くマイクロバスで住宅街を走れば、接種がしやすくなるのではないか」。町はマイクロバスによる高齢者の送迎に踏み切った。約1400万円の町費を投じて旅行会社に委託。同県三浦市の三浦観光バスによる運行が決まった。住宅街と接種会場を結ぶ四つのルートを設定し、接種の対象となっている人は無料で乗車できる。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1311文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集