特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

米露首脳会談、6月16日にジュネーブで開催 両国が正式発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2011年3月に面会するバイデン米副大統領(左)とプーチン露首相(肩書はいずれも当時)=AP
2011年3月に面会するバイデン米副大統領(左)とプーチン露首相(肩書はいずれも当時)=AP

 ロシア大統領府と米ホワイトハウスは25日、ロシアのプーチン大統領と米国のバイデン大統領の首脳会談が6月16日にスイスのジュネーブで開催されると発表した。バイデン氏の就任後では初の直接会談となる。対立が続く米露両国の関係改善に向けた弾みとなるかどうかが注目される。

 露大統領府によると、首脳会談では米露関係の現状や展望、戦略的安定性の問題、新型コロナウイルス対策や地域紛争の解決といった国際的な議題が話し合われる見通し。米側の発表では、両首脳が一連の喫緊の課題を話し合…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集