特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

感染急拡大の大分市 保健所職員、担当の3割が過労死ライン超過

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナの感染者急増に伴い時間外労働する職員が増えた大分市保健所=大分市で2021年5月25日、石井尚撮影
新型コロナの感染者急増に伴い時間外労働する職員が増えた大分市保健所=大分市で2021年5月25日、石井尚撮影

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、感染者の行動履歴などを確認する保健所職員の時間外労働が増えている。大分市保健所では、新型コロナの感染が広がって以降、市長部局からの応援も受けて対応してきたが、2021年4月は担当業務に当たる職員の3割に当たる20人が過労死ライン(月80時間)を超えた。同市保健所は、職員を増やすなどして、時間外労働の改善を図る予定だ。【石井尚】

 「連休中、保健所の職員の帰宅が午前0時を回る状況が続いた」。5月6日にあった臨時記者会見で佐藤樹一郎市長は、4月下旬以降、急増した感染者の対応で、保健所職員の時間外労働が増加している実情をそう表現した。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文947文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集