特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

福島の原発周辺での除染 2%で効果確認できず 会計検査院

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力福島第1原発の(左から)1~4号機=2021年2月13日、本社ヘリから手塚耕一郎撮影
東京電力福島第1原発の(左から)1~4号機=2021年2月13日、本社ヘリから手塚耕一郎撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴い除染作業が行われた福島県の原発周辺の約1万2800カ所で、除染後の線量が除染前の数値を下回らず、除染の効果を確認できなかったことが会計検査院の調査で判明した。環境省のガイドラインなどは、除染作業後に線量調査を行う時期を定めておらず、検査院は26日、除染効果を統一的に確認できる手法の検討などを同省に求めた。

 福島県内の11市町村にまたがる地域は「除染特別地域」に指定され、2012~17年に住宅や農地、道路などで除染が行われた。環境省は作業を行う事業者に除染前と後に線量測定を求めている。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文487文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集