謎に包まれた幻のヘビ「シロマダラ」発見 名古屋短大構内で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
捕獲されたシロマダラ=愛知県豊明市の名古屋短大で(辻広志・名古屋短大准教授提供)
捕獲されたシロマダラ=愛知県豊明市の名古屋短大で(辻広志・名古屋短大准教授提供)

 愛知県が作成した絶滅の恐れがある野生動植物リスト「レッドリスト」にも掲げられるヘビ「シロマダラ」が25日、豊明市の名古屋短大構内で見つかった。日本に昔から生息する固有種ながら、目撃例が極端に少なく、生態は謎に包まれている「幻のヘビ」だ。

 シロマダラはナミヘビ科で、黒と灰色がかったまだら模様が特徴。毒は無く、おとなしい性格。日本のほぼ全土に分布しているが数が少なく夜行性のため、ほとんど発見されることはない。今回、発見したのは両生類・爬虫(はち…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

あわせて読みたい

ニュース特集