田山花袋の動画を初確認 久米正雄撮影のフィルム、修復に成功

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福島県郡山市と横浜市立大は26日、同市ゆかりの作家、久米正雄(1891~1952年)が撮影した無声映像フィルムのうち2本の修復に成功したと発表した。うち1本には久米と交遊のあった文学者らの姿が確認できる。中でも「蒲団」「田舎教師」などで知られる自然主義文学の代表者、田山花袋(1871~1930年)の動画は初めての確認になる可能性が高いという。

 フィルムは、市が1998年に親族から購入した。市は同大と昨年から調査を始め、庄司達也教授(日本近代文学)らと連携し、経年劣化や破損の激しかった12本のうち2本の修復と内容の確認を続けていた。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文845文字)

あわせて読みたい

注目の特集