「すごく幸せ」 節目到達のヤクルト青木 チームに「イズム」浸透

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一回裏ヤクルト2死、青木が右前に日米通算2500安打を放つ=神宮球場で2021年5月26日
一回裏ヤクルト2死、青木が右前に日米通算2500安打を放つ=神宮球場で2021年5月26日

 プロ野球・ヤクルトの青木宣親外野手(39)が26日、神宮球場で行われた日本ハム戦で日米通算2500安打を達成した。イチロー(オリックス、マリナーズなど)、松井秀喜(巨人、ヤンキースなど)、松井稼頭央(西武、メッツなど)に続いて日本選手4人目。

 ヤクルトの青木は日米通算2500本目の安打を、第1打席で決めた。一回2死走者なしの場面。ボールカウント3―0、日本ハムの先発・加藤が投じた4球目を右前にはじき返した。「日本、アメリカ、日本。いろいろなチームでプレーができ、2500安打を達成できたことが、すごく幸せ」。満面の笑みで、ファンの祝福に応えた。

 偉業を成し遂げた青木を、高津監督は「悔しがり方、激励の仕方、もちろん打撃も含め、すべてがチームの力になっているのは間違いない」とたたえる。安打が出ても出なくても、その存在感はヤクルトの中で際立っている。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文886文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集