「自然界の神秘」 鎌倉で自生アジサイが見ごろ 神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
両性花と装飾花のコントラストが涼しげな「松中手まり6号」。ピンクの同1号も展示されている=神奈川県鎌倉市で2021年5月25日午後1時21分、因幡健悦撮影
両性花と装飾花のコントラストが涼しげな「松中手まり6号」。ピンクの同1号も展示されている=神奈川県鎌倉市で2021年5月25日午後1時21分、因幡健悦撮影

 神奈川県鎌倉市の日比谷花壇大船フラワーセンターの一角に展示された自生アジサイが見ごろを迎えている。鎌倉アジサイ同好会のメンバーが育てた約250鉢で、来園者は可憐な花々に顔を近づけ、食い入るように見つめている。

 自生アジサイは涼しい渓流沿いを好む日本の固有種。自然交配により、色調や中央部の両性花、ガ…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文322文字)

あわせて読みたい

注目の特集