特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

クラブ野球選手権 マツゲン箕島/上 挽回の1年、目指すは「連覇」 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大会に備え、練習試合で実戦感覚を養うマツゲン箕島の選手ら。打者は山口輝選手=和歌山県有田市で、加藤敦久撮影
大会に備え、練習試合で実戦感覚を養うマツゲン箕島の選手ら。打者は山口輝選手=和歌山県有田市で、加藤敦久撮影

まさかの敗戦後 強豪、プロと練習試合

 社会人野球のクラブチーム日本一を決める第45回全日本クラブ野球選手権(毎日新聞社、日本野球連盟主催)が29日から3日間、岐阜市の長良川球場などで行われ、県からマツゲン箕島硬式野球部が西近畿代表として出場する。2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で初めて大会が中止されており、19年に5回目の優勝を果たしたマツゲン箕島は「連覇」を目指し、苦難を乗り越え臨む。【加藤敦久】

 19年にチーム名を「和歌山箕島球友会」から「マツゲン箕島」に変え、8月のクラブ選手権も2年ぶりに制した。しかし、その後に試練が待っていた。

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1027文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集