連載

子どもたちの伝言

子どもたちが抱える学校内外での課題を、執筆者と一緒に考えます。

連載一覧

子どもたちの伝言

学校現場をみつめて/190 情報過多 自分自身で取捨選択を /四国

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスについての情報はあまりにも多く、何が正しくて何が間違っているのかが分からなくなっています。それだけ情報過多であり、それに振り回されているように思うのです。現状をみると、政府の対策の遅れは国民の不安を助長しています。それだけではなく、メディアにも責任があるように感じられます。私自身、メディアを通じていろいろ伝えているわけですから、自戒の念がないわけではありません。

 その上で、あえて私見を述べたいと思います。誰でも不安が広がると、不公平な事例には敏感になるものです。最近の報道では、ワクチン接種が大きな話題となっています。キャンセル時のワクチンの行き場や接種順序が大きな問題となり、予約方法のトラブルも連日のように取り上げられています。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文849文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集