特集

九州・山口経済

九州・山口の経済ニュースを伝えます。

特集一覧

景気ウオッチ・九州山口

収束後も安全対策が重要 九州観光推進機構 渡辺太志専務理事 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
九州観光推進機構・渡辺太志専務理事
九州観光推進機構・渡辺太志専務理事

 2020年に九州を訪れた外国人観光客は40万4813人だった。過去最高だった18年は511万人、日韓関係が悪化した19年でも422万人だったので、新型コロナウイルスの影響を受けた20年は、衝撃的な減り方になった。

 今後の動向は、日本国内でいかにワクチン接種が進むかに相当左右される。新規感染者数で見ると、日本はいまや、アジアの中で多い方であり、このままでは他国から来てもらえない状況になっている。

 観光関連業者から苦しい悲鳴をたくさん聞いている。まずは日本人の観光客に九州に来てもらうのが大事だが、その次のタイミングでは、インバウンド(訪日外国人)をしっかり誘致する必要がある。コロナ収束後は、日本国内で地域間競争が始まるだろう。九州観光推進機構でも、在日外国人インフルエンサーや海外業者などと打ち合わせをするなどして備えている。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文588文字)

あわせて読みたい

注目の特集