防災資材を寄贈 農機卸売会社が久留米市に 「水のう」100袋 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
寄贈した「水のう」を手にする平城社長(左)と大久保市長
寄贈した「水のう」を手にする平城社長(左)と大久保市長

 久留米市の農機卸売会社「平城(ひらき)商事」が26日、浸水対策用の防災資材「水のう」100袋を同市に寄贈した。同社の平城賢三社長が市役所で大久保勉市長に手渡した。

 同社が取り扱う長さ180センチの水のうを寄贈。浸水防止で土のうは土を入れるが、この水のうは水を入れ玄関やシャッター前などに置いて使う。…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文258文字)

あわせて読みたい

注目の特集