沖縄知事「日米で基地縮小の行程表を」 加藤官房長官と会談

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
玉城デニー・沖縄県知事
玉城デニー・沖縄県知事

 沖縄県の玉城デニー知事は27日、加藤勝信官房長官と首相官邸で会談し、同県の米軍基地の整理・縮小に向けたロードマップ(行程表)を日米両政府で作成するよう要求した。日本政府は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事などを進めており、加藤氏は「まずは決められたことを全力でやらせていただく」と述べるにとどめた。

 沖縄県は2022年に日本復帰50周年を迎えるが、国内の米軍の専用施設の総面積のうち約70%が同県にある。玉城氏は会談で「50周年に向け、さらなる米軍基地の整理・縮小に向けた取り組みとして『50%以下』の数値を決めて、日米で協議をしていただきたい」と主張。同飛行場周辺の騒音対策として、日本本土などから飛来する「外来機」の抑制も要求した。

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文448文字)

あわせて読みたい

ニュース特集