特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ファクトチェック

「ワクチン副作用は補償なし」ツイート拡散 実は不正確

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ファクトチェックの判定「不正確」
ファクトチェックの判定「不正確」

 医療従事者や高齢者への接種が進む新型コロナウイルスワクチンの副反応について「5月12日時点で死亡39人 副作用(=副反応)5560人 重篤者 664人 副作用についての保障(=補償)は一切ありません」というツイートが拡散している。しかし、厚生労働省に確認したところ、挙げられた数字は副反応の「疑い」として医療機関などから報告があったもので、確定したものではなかった。ワクチン接種による健康被害が起きた場合には国の「予防接種健康被害救済制度」で救済給付がある。このツイートは不正確だ。(ファクトチェックの判定基準)【上東麻子/デジタル報道センター】

1500件以上の「いいね」

 ツイートは5月22日に匿名アカウントが投稿した。以下のような内容だった。

 「厚労省ワクチンダイヤル ワクチン接種後に死亡や副作用は何人か!? 副作用で苦しんでいる人の保障はするのか!? 5月12日時点で 死亡 39人 副作用 5560人 重篤者 664人 副作用についての保障は一切ありません。仕事や日常生活ができるまで回復した人いません こんな回答」。27日現在で約1200件リツイートされ、1500件以上の「いいね」がついている。

 翌23日には「内海聡」氏がほぼ同様の内容を投稿し、さらに拡散。2100件以上リツイートされ、4500件以上の「いいね」がついた。内海氏のアカウントはフォロワー約7万750人。プロフィル欄には「Tokyo DD Clinic院長。NPO法人薬害研究センター理事長」とある。クリニックやセンターのホームページによると、内海氏は筑波大医学専門学群を卒業。クリニックは内科・精神科を掲げ「西洋医学の薬は使いません」として、自費診療を中心に行っている。「医学不要論」などのタイトルの本を多数出版している。

副反応の「疑い」を報告

 はじめに副反応についておさらいしておきたい。ワクチンは健康な体にとって異物なので、接種すると予期せぬ反応が出ることがある。これを副反応と呼ぶ。病気の治療に使う薬で、本来の目的とは異なる体に良くない作用が表れる場合は副作用と言うが、ワクチンの副反応とは使い分けている。

 ワクチンの副反応としては、接種部位が赤く腫れあがる、頭痛、発熱などがある。まれにアナ…

この記事は有料記事です。

残り2071文字(全文3012文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集