特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

反クーデター、サッカーW杯予選参加拒否 ミャンマー代表数人

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンラインで記者会見するサッカー・ミャンマー代表のヘイ監督=2021年5月27日撮影 拡大
オンラインで記者会見するサッカー・ミャンマー代表のヘイ監督=2021年5月27日撮影

 2月に国軍による軍事クーデターが発生したミャンマーのサッカー代表チームが28日、ワールドカップ(W杯)アジア2次予選で日本代表と千葉・フクダ電子アリーナで対戦する。ミャンマーを率いるドイツ出身のヘイ監督は27日にオンラインで公式記者会見に臨み、選手数人が軍事政権に抗議する意思を示すため、代表招集を拒否したことを明らかにした。

 「何人かが個人的な理由で代表に入らない選択をした。声を掛けたが招集に応じなかった」とヘイ監督は語った。一方で「多くの選手が政治的な理由で辞退したのではなく、理由はさまざまだと思う。海外にいて新型コロナウイルス下で移動ができない選手、家庭の事情がある選手もいる。一部は政治的な理由かもしれないが、代表を選ぶ時には常にありうること」と説明した。

 ヘイ監督は2018年にミャンマー代表監督を務め、一時退いた後、19年に復帰した。国際社会が軍事政権に厳しい視線を注ぐ中での国際試合へ、「私の仕事は代表チームを監督すること。政治的な発言をすることは含まれていない。ミャンマーの国内情勢の知見にも富んでいない」と語った。選手選考を巡る軍事政権の圧力の有無について問われると、「代表チームを利用しようという動きは一切ない。私は影響を受けていない」と否定した。

 ヘイ監督によると、ミャンマーの国内リーグは昨年10月にシーズンを終え、その後は新型コロナの感染拡大の影響で活動していない。今年2月のクーデターもあり、3月に予定されていたW杯2次予選の日本戦は延期になっていた。代表チームは4月20日に国内合宿にこぎつけ、今月22日に来日し「長い間練習していない選手や故障者もいた。だが、厳しいプログラムで練習してきたので準備は整っている」と話している。

 ミャンマーの国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは139位。2次予選のF組では2勝3敗の勝ち点6で、現在5チーム中4位。首位の日本とは19年9月にヤンゴンで対戦し、0―2で敗れている。日本戦に向け、ヘイ監督は「アジアで最高のチームと対戦できるまたとない機会で、心待ちにしている」と期待した。

 一方、日本代表の吉田麻也主将は「ミャンマーの情勢は個人的には気にしない。相手にとっては難しい状況で、おのおの思うところがあると思う。スポーツと政治が重なって報道されるが、選手としては政治とスポーツは切り離して考えてほしいと常々考えている」と語った。【大谷津統一】

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集