大坂なおみ、全仏テニス記者会見を拒否 「選手の精神状態無視」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大坂なおみ 拡大
大坂なおみ

 女子テニスの大坂なおみ選手(23)=日清食品=は27日、パリで30日に開幕する4大大会の全仏オープンの記者会見に応じない意向を自身のツイッターで明らかにした。「選手の精神状態が無視されていると感じてきた。疑念を抱く質問も多く、自分を疑うような人の前に自らをさらすつもりはない」と訴えた。

 大坂選手は過去の4大大会で記者会見を拒否したことはなかったが、他の選手は試合に負けた悔しさなどから会見に出席しないケースはあった。テニスのツアー大会では、記者側から求められた会見を選手が拒否した場合は罰金の対象となる。大坂選手は、どういった質問を指すかは具体的には明らかにしていないが、敗れて落ち込んでいる選手に対して配慮を欠いた質問があると抗議し、「理由が分からない」とつづった。

 大坂選手は「大会側が『会見に参加しなければ罰金』と言うのは、協力している選手の精神状態を無視し続けている。高い罰金が慈善団体に寄付されることを願っている」とも記した。

 ネット上では「罰金はおかしいし、改善すべきだ」「プロ選手の対応ではない。影響力のあるトップ選手として模範となる対応を」「勝っても負けても次戦への意欲などはぜひ聞きたい」などの声が上がっている。【浅妻博之】

あわせて読みたい

注目の特集