特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

球児はいま

慶大・増居翔太 甲子園で無安打無得点逃した彦根東元エースが快投

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
慶大の先発として、東京六大学野球春季リーグで力投する増居翔太=神宮球場で2021年4月25日午前10時35分、川村咲平撮影
慶大の先発として、東京六大学野球春季リーグで力投する増居翔太=神宮球場で2021年4月25日午前10時35分、川村咲平撮影

 憧れの「KEIO」のユニホームに袖を通しても、投球スタイルは高校時代そのままだ。3年生ながら、慶大投手陣の柱の一角として大学日本一に貢献した最速146キロ左腕。「球速も大事だが、常に制球を強く意識している」。相手に隙(すき)を見せないよう、マウンド上でひょうひょうと捕手が構えたミットに投げ込む姿は、甲子園を沸かせた当時の記憶と重なる。

 2018年春のセンバツでは彦根東(滋賀)の3年生エースとして臨み、花巻東(岩手)との3回戦で九回まで無安打に抑える快投。ノーヒット・ノーランへの期待が高まったが、延長十回に初安打を許してサヨナラ負けした。記録は幻と消えたが、試合後は「出来過ぎだっただけに、どこかに落とし穴がある気がしていた」と冷静だった。

 彦根東は県内有数の進学校で…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文991文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集