連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい 「文春砲」と呼ばないで 元編集長・木俣正剛さん 66歳

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
木俣正剛さん=藤井太郎撮影
木俣正剛さん=藤井太郎撮影

「メディアは砲弾」の疑念晴らせ

 時の宰相も官僚も、芸能人も恐れるもの――。いつの頃からか、「週刊文春」が放つスクープを“文春砲”と呼ぶようになった。「その名前、好きじゃないんです」と言うのは同誌の元編集長、木俣正剛さん(66)である。勲章みたいな愛称なのに、どうしてなのだろう。

 新型コロナ禍での国会議員の銀座クラブ通い。総務省官僚への酒食接待。さらに菅義偉首相の長男が勤める企業が、そのキャリアたちを接待していた――。最近の週刊文春が報じた特ダネだ。「閉塞(へいそく)した今のご時世で、まるで文春は『必殺仕置人』ですよね」。だが、そう話す木俣さんの口ぶりは、自慢げというよりもむしろ困惑に近い。なぜか。

 「文春砲って誰がつけたか分かりませんが、2016年からだと思うんです」と木俣さん。当時は安倍晋三政権の経済再生策「アベノミクス」で、毛利元就の逸話を基に「三本の矢」というアピールが続いていた頃だ。安倍前首相の肝いりで就任した黒田東彦(はるひこ)・日銀総裁による大胆な金融政策は「黒田バズーカ」と称された。「その流れで、我が社のスクープも文春砲と呼ばれるようになったんです」 

 でもね、と木俣さんは首をかしげる。「僕らはペンであって、剣ではないんですよね。『ペンは剣よりも強し』と言いますが、それは暴力に言論で立ち向かうという比喩でしょ? なのに文春砲の砲は、大砲の砲。ペンが暴力に近づいたと思われるのは危うい」

 振り返れば、文春砲と命名されたのは、あるカップルの禁断の愛を報じた特ダネがきっかけだった。…

この記事は有料記事です。

残り2826文字(全文3480文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集