特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

とちスポ

全日本クラブ野球選手権 あす開幕 全足利ク17年ぶりV狙う 新人の活躍が鍵 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
強肩を生かした守備が持ち味の小野柊人内野手=栃木県足利市福富町の足利大付高で2021年5月22日、玉井滉大撮影
強肩を生かした守備が持ち味の小野柊人内野手=栃木県足利市福富町の足利大付高で2021年5月22日、玉井滉大撮影

 社会人野球のクラブチーム日本一を決める第45回全日本クラブ野球選手権(毎日新聞社、日本野球連盟主催)が29日、岐阜県の長良川球場などで開幕する。県勢は全足利クラブが2大会ぶりに出場し、2004年以来の優勝を目指す。【玉井滉大】

 大会が1週間後に迫った5月下旬、足利市内のグラウンドでノックを受ける選手を見つめる椎名博士監督(46)の表情は曇っていた。「チーム状態がなかなか上がってこない。春先までは良い感じだったのだが……」。頭を悩ませる要因は、新型コロナウイルスにあった。

 昨年は新型コロナの影響で、最大の目標とする同選手権が中止になった。グラウンドでの練習が十分にできない中、地道に自主練習に励み、足利市長杯と都市対抗県予選ではエイジェックに連勝。都市対抗北関東予選で日立製作所(茨城)にサヨナラ負けしたものの、本大会常連の強豪を土俵際まで追い詰めた。

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1411文字)

あわせて読みたい

注目の特集