東日本大震災

福島第1原発事故 汚染土壌行方不明 柏の保管地から搬出 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故に伴い、柏市内の民間の敷地で埋設保管されていた放射性物質に汚染された土壌が業者によって敷地外に持ち出され、搬出先が不明となっていることが市の調査で判明した。土壌は放射性物質汚染対処特措法の対象外だが、国は「除染対処敷地内で埋設処理等が望ましい」と通知している。市は放射線レベルは国の基準値を下回るとしながらも、搬出されたことは「定期的な注意喚起が不足していた」としている。

 問題の土壌は原発事故後、業者が敷地の表土を削り、埋設保管していたもので、国からは補助金が交付されている。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文700文字)

あわせて読みたい

ニュース特集