連載

サラリーマン川柳

日ごろの思いを五・七・五につづる「サラリーマン川柳」を紹介します。

連載一覧

サラリーマン川柳

サラリーマン川柳 ベスト10発表 コロナ禍の悲哀多く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

在宅勤務、ウェブ会議…

 「会社へは 来るなと上司 行けと妻」――。第一生命保険は27日、「第34回サラリーマン川柳コンクール」で投票で選ばれた上位10句を発表した。在宅勤務やウェブ会議を題材にするなど、新型コロナウイルス禍ならではのサラリーマンの悲哀を詠んだ句が6作入選した。

 1位は30代男性の作品で、新型コロナの感染拡大で在宅勤務となり、出社しないよう求める上司と、家にいてほしくない妻との間で板挟みになる複雑な思いを詠んだ。2位は経済対策として国が配布した1人10万円の特別定額給付金を題材にした「十万円 見る事もなく 妻のもの」、3位は在宅勤務を題材にした「リモートで…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文722文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集