茨城2市、DHCとの協定解消を検討 ヘイト文章巡り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
茨城県守谷市
茨城県守谷市

 化粧品会社ディーエイチシー(DHC)がウェブサイトに吉田嘉明会長名で在日コリアンを差別する文章を掲載しているとして、同社と包括連携協定を締結する茨城県守谷市と下妻市が、同社に削除を求めたり、連携事業を再検討したりするなどの対応を始めた。

 守谷市と同社は2017年10月、市民の健康増進などについて協力する協定を締結。18年には市主催の健康講座に同社から講師の派遣を受けた。

 市は24日、「(サイト上で)人権尊重の理念に反した主張をしており、看過できない」との文書を発送。6月4日までに削除と公式見解を求め、応じなければ協定解消を検討するとした。松丸修久市長は27日、「会社としての資質はどうなのか、非常に危惧している」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文655文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集