別府の共同温泉 短編映画に 実力派監督5人が競作 世界に発信

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
短編映画の競作を企画した森田さん(左)と岡村館長=大分県別府市で、大島透撮影
短編映画の競作を企画した森田さん(左)と岡村館長=大分県別府市で、大島透撮影

 第一線で活躍中の映画監督5人が、大分県別府市の共同温泉の短編映画を競作し、温泉文化の魅力を発信しようという企画が進んでいる。別府市の老舗映画館「ブルーバード劇場」のファンら7人で作った実行委員会が、年末までに5本を製作し、同館で封切るという。資金提供を含めた賛同者も募っている。【大島透】

 企画したのは館長の岡村照さん(90)の人柄にほれ込み、同館の運営を手伝う東京の映画ライター、森田真帆さん(41)ら。「コロナ禍で来客の減少に苦しむ観光都市と、逆風に負けずに頑張っている地元の映画館をもり立てたい」と語る。

 同館は岡村さんの父親が1949年に開館した。70年の父親の死去により、夫が引き継ぐが、1年半後に夫も急逝。岡村さんは娘2人を育てながら同館を守り、半世紀を迎えた。

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文894文字)

あわせて読みたい

ニュース特集