特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

大阪・兵庫の百貨店、平日午後8時まで 京都は午後7時閉店を維持

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR大阪駅(中央)周辺。右奥は大阪城=本社ヘリから大西達也撮影
JR大阪駅(中央)周辺。右奥は大阪城=本社ヘリから大西達也撮影

 緊急事態宣言の再延長決定を受け、大阪、兵庫、京都の3府県は28日、それぞれ対策本部会議を開き、6月1~20日の再延長期間の対応を決めた。百貨店などの大型商業施設について大阪府は平日に限り午後8時までの時短営業を容認。兵庫県も現在、平日午後7時までとしている時短営業の要請を午後8時までに改め、両府県で足並みをそろえた。一方、京都府は午後7時までの時短要請を維持し、対応が分かれた。土日は3府県いずれも引き続き休業を求める。

 大阪府内で28日に確認された新規感染者は290人で減少傾向にある。4月25日の宣言発令以来、大阪府は大型商業施設への休業要請を続けてきたが、吉村洋文知事は「営業の自由と現在の感染状況を見て対応した」と見直しの理由を述べた。プロスポーツなどのイベントや劇場、テーマパークなどは平日の午後9時までに限り5000人か収容率50%の少ない方に抑えて開催・開場できるようにした。土日は引き続き無観客を求める。…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文833文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集