特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

特権意識、開催ありきのIOCに従う政府 東京五輪が社会を分断

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
銅製で側面に木材が使用された高尾山の山頂に設置された五輪シンボルのモニュメント=東京都八王子市で、小川昌宏撮影
銅製で側面に木材が使用された高尾山の山頂に設置された五輪シンボルのモニュメント=東京都八王子市で、小川昌宏撮影

 57年前、「世界は一つ」とうたわれた東京オリンピックは今、国民から祝福されない祭典となりつつある。新型コロナウイルス感染拡大に伴う度重なる緊急事態宣言の延長で人々の命や暮らしが脅かされる中、開催に突き進む国際オリンピック委員会(IOC)や政府の姿勢が反発を呼んでいる。

 IOCのジョン・コーツ副会長は21日、記者会見で緊急事態宣言下でも五輪が開催されるかを問われ、「答えは間違いなくイエスだ」と明言した。その後、政府の見解を問われた加藤勝信官房長官も「いかに安全で安心な大会にするか」とし、IOCの姿勢をただすことはなかった。

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は「感染リスクと医療の負荷について前もって評価してほしい」と述べ、開催にあたって医科学的な見地から安全の根拠を示すよう求めてきた。とりわけ注目度の高い五輪開催による「人流」(人の流れ)の増加や、海外から来日する大会関係者(選手を除く)の行動規範が守られるか懸念を示した。

 大会組織委員会は、大会関係者の数について、…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文1077文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集