新型コロナ 介護従事者にワクチン接種開始 福岡市・全国初 「高齢者」7月終えられる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
介護従事者らへの新型コロナワクチン優先接種が始まった福岡市の会場=福岡市博多区で2021年5月28日午後5時25分、津村豊和撮影
介護従事者らへの新型コロナワクチン優先接種が始まった福岡市の会場=福岡市博多区で2021年5月28日午後5時25分、津村豊和撮影

 福岡市は28日、市が独自に新型コロナウイルスワクチン優先接種の対象とした介護従事者らへの接種を始めた。高齢者施設や学校でのクラスター(感染者集団)発生を抑えるのが目的で、市によると全国初の取り組みとなる。

 28日は、市内で働く訪問・通所介護従事者への接種が、高齢者の集団接種会場でもあるマリンメッセ福岡B館(福岡市博多区)でスタート。高齢者の受け付けが終わった午後5時以降に約550人が接種を受けた。今後は保育士や幼稚園職員、教職員らの順に進め、希望者計約3万7000人が7月4日…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

あわせて読みたい

ニュース特集